定期接種の対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

※風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)となっています。このため、平成33年度末には抗体保有率が90%となるよう今後3年間に限り、定期接種の対象となりました。

検査・接種料金

公費負担につき無料。
(注1)接種時にクーポン券を持参されない場合は全額自己負担になります。
(注2)定期接種の対象者以外は任意接種となり、有料です。

風しんの抗体検査・予防接種の流れ

1.クーポン券が届きます

2019年度(平成31年度)は、1972年(昭和47年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性にクーポン券を4月22日に発送しました。
※クーポン券を利用することで、風しんの抗体検査及び予防接種が原則無料となります。
※2019年度にクーポン券が発送されない1962年(昭和37年)4月2日~1972年(昭和47年)4月1日生まれの男性の方も希望すれば、クーポン券を発行します。

2.抗体検査を受けてください

クーポン券、本人確認書類を実施医療機関に持参してください。
※医療機関等で「風しんの抗体検査受診票」の記載をお願いします。
※受診される時点で住民登録のある住所地とクーポン券に記載されている住所地が異なっていればクーポン券は使用できません。住所登録のある自治体でクーポン券の再発行を受けてください。

3.抗体検査の結果が届きます(医療機関に結果を受け取りに行くこともあります)

「抗体あり」
風しんへの抵抗力がありますので、定期の予防接種の対象となりません。
「抗体なし」
風しんへの抵抗がありませんので、定期の予防接種の対象となります。

4.「抗体なし」の場合、予防接種を受けてください

抗体検査結果通知、クーポン券、本人確認書類を実施医療機関に持参してください。
※医療機関等で「風しんの第5期の定期接種予診票」の記載をお願いします。
※受診される時点で住民登録のある住所地とクーポン券に記載されている住所地が異なっていればクーポン券は使用できません。住所登録のある自治体でクーポン券の再発行を受けてください。
※本事業での接種ワクチンは、原則MR(麻しん風しん混合)ワクチンで、麻しん(はしか)の予防にもつながるワクチンを接種することができます。